FC2ブログ

記事一覧

とりおろしうどん発祥の店 恵味うどん

2019062907243326c.jpeg


とりおろしうどん 発祥の店 恵味うどん の おはなし


その先輩もよく付きおうてくれました 決めては付け汁の方で最終的に大根おろしを入れて薄すぎず濃くなりすぎずを調整する方法をとる事になったわけです

メニューになんて 載せましょうって事になり
お出汁を鶏肉と大根おろしで炊いて出す… とりおろしうどんって決まったのです

これは自負しておりますが、その時のおうどん屋さんで ざるうどんを整えて器で出すスタイルはあまりありませんでした 福岡では馴染みがなかったと思います

なぜ僕が麺線を整えて麺を出す様になったかというと 四国でうどん習っているお店の店舗が 岡山県倉敷市の美観地区にあった大原美術館の方のお屋敷に400年あった倉を改造したおうどん屋さんで懐石料理とおうどんを提供するお店だったのでそれはそれは器から何からこだわったお店で おうどんを提供していてまずこの麺線を揃えて出すスタイルに苦戦しながら 覚えたスタイルでした

薬院でざるうどんを出すと 最初は感動とかじゃなく 年寄りが多かったので たべずらい 水が切れてない などの意見が多くて ぼくの想いとは裏腹で 一時期整えるのをやめた時期もあったくらいでした

要は その時代 うどん屋でしゃれこけてどうすっとかいっ!的なノリが主流だったのと
長年地域密着の叔母のうどん屋に二十歳そこいらの僕がやるスタイルと
交わってなかったんで 何気に頼んだざるうどんが麺線整えて器で出されたら

なんじゃ?という意見があって当たり前だったんですねー

で 麺線整えて出す事をやめていた時期の事です

近所の専門学生の卒業生の女の子が
東京から帰福 して うちに食べにきて
とりおろしうどんを頼んだですけど
前みたいに出してないんですか?…って 恐る恐るレジでお金払う時に言うんです 正直ぼくあちゃーって思いました その子は あの とりおろしうどんが楽しみで学生の頃いつも食べてて 東京に就職しても周りの子に自慢してたらしく 話聞いてたら最後はやめないでほしい とまで言われたもんで それ以来 食べにくかろうがなんだろうが 麺線整えて出すようになった訳です

わかんないもんですね〜人の想いとか いや〜わからんです

ちなみに 最初とりおろしうどんの麺にだけ 香付 として その時の旬の柑橘系のかわをうどんに添えて出していました

これは反応がよかったですね〜
年配の方が多かったので
すごく受け入れてもらえました